宮下しんごの基本政策

d16cd5ba25fdc4909b207fb675d83b51_m

~大府市の可能性はこんなものじゃない!~

大府をもっと良くする3つの提言

大府市の未来は大きな可能性に溢れています。大府市に住み、働き、子どもを育て、このまちに暮らす市民の皆さまの幸せと、このまちの未来をより良いものとして、次世代につなげる3つの政策をまとめました。

PDFで読みたい方はこちらをクリック

 

若者が働きやすいまち、大府!

詳細:働きやすさは暮らしやすさ ~職住近接のまちづくりという戦略の重要性

はたらく場所を確保します!!

土地の使いかたを見直して、企業誘致をできる環境をもっと整えることで、地元で働き、地元で暮らし、地元で子育てができる大府にしていきます!!

保育園のメニューを柔軟に!!

夜勤や交替勤務、パートや非正規など、働き方の選択肢が増えた現代。柔軟な保育メニューでどんな人でも結婚や育児など、未来へ希望の持てる大府に!!

働きやすさは暮らしやすさ

仕事帰りが楽しくなる駅前のにぎわいづくりや、公共Wi-Fiの整備、お年寄りから子どもまで安心して遊べる場所づくりで、家族全員が楽しいまちづくりを進めます。

 

子どもを育てやすいまち、大府!

詳細:「放課後学習教室」のススメ ~ “自立的な勉強習慣” を身につけてもらうための環境整備を~

ワンオペ育児、させません!!

北欧の「ネウボラ」(※)という子育てを多角的にサポートする仕組み。ワンオペ育児をふせぐため、こうした取り組みをさらに提案していきます!!

(※) フィンランド発祥の、「妊娠から子育てまで」をまとめてサポートしてくれる仕組み。日本では、埼玉県の和光市を筆頭に全国的に広まってきています。

放課後学習教室を!!

あずかるだけでなく宿題や自習にも対応できる「放課後学習教室」。全ての子どもの「安心の居場所」と「自分から学ぶ習慣づくり」を積極的に支援していきます。

タブレット活用を見直します!!

導入はすでにされているものの、最大限活かせているかというと物足りないタブレット教育。子どもたちが入院などで長期出席ができない「いざという時」も困らないよう、さらなる安心のサポート体制をつくります。

 

老後も活きやすいまち、大府!

詳細:人生100年時代の『健康都市』づくり ~人生の先輩の皆さんが “第二の青春期” を元気に謳歌する姿が “現役世代の希望” になる!

100まで生きても大丈夫!!

人生100年時代に向けて、「健康都市」をさらに前へ!!いくつになっても健康で、退職後も活き活きと暮らせるまちにしていきます。

公共交通機関をもっと便利に

免許を返納すると買い物や通院など日頃の移動にも困ってしまいます。車を運転できない人でも移動の不便がなくなるよう、自動運転など最新技術の活用も含めて提案をしていきます。

大府の渋滞を解消します!!

都市計画道路の整備を推進して、混雑時間の不便を解消していきます。歩行者にも自動車にも安心で、救急車などの緊急車両がスムーズに来られる道づくりに取り組みます。